安さの裏側

日本はデフレということで長い間いろんなものの価格がずっと安いままです。安く買えるというのは消費者にとってはとても良いことです。より安く買おうとするのは当たり前ですし、値引き交渉が買い物の醍醐味だったりします。

一方で、売り手は安く売るためにいろんな工夫をします。商品や材料をできるだけ安く仕入れ、無駄を省き効率的に作業して余分な経費が掛からないようにします。コストダウンがイノベーションを生むこともあります。安く売るための努力はとても大切です。

ですが、行き過ぎるといろんな不都合も起こってしまいます。偽装などズルをする人もでてきます(日本人はこういうズルは大嫌いです)。そして、それでもまだ安くするために、労働賃金の安い海外で作る、合理化と称して手を抜く、そして労働条件を下げるなど・・・、書いてて暗い気持になります。ものやサービスを安く手に入れられるとラッキーだと思いますが、こんなはずじゃなかったってことになってしまっています。

そもそも価格というものはが安ければなんでもいいんでしょうか?「安いから買う」というより「欲しいと思っているものが適切な価格だから買う」というのが正しい。欲しい、自分のものにしたい理由はいろいろあると思いますが、そもそも物を手に入れるという必要性があって買うわけです。欲しいと思う気持ちと価格のバランスが大事。ものの価格は本来ならば需要と供給のバランスで決まります。安いからという理由だけで売買されることはありません。

いわゆるブラック企業の中には安さを売りにしている会社が多くリストアップされています。安さを追求するとどうしても人件費も下げざるを得ない。安さは、そこに働いている人たちの生活を犠牲にして成り立っているものかもしれません。働き方を見直すうえで、この視点もはずせないと思います。

「価格」は最終兵器です。価格だけで勝負することなく本来の商品やサービスの付加価値を提供することで適切な対価をいただくというのが本来の市場の在り方だと思います。