TOKYOイノベーションリーダーズサミット

今日から虎の門ヒルズで開催されているTOKYOイノベーションリーダーズサミットに参加しています。次世代ベンチャーショーにもブース出展しました。当社は来月ローンチ予定のO2Oアプリmonococo(ものココ)を展示しました。興味をもっていただけましたでしょうか?

0185ae837706acaade890ba0ac2e64f3f7df045e1b-001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつものECや広告の展示会とは違った熱気がありました。社長が立たれているブースも多いし、熱のこもった商品やサービスの説明はおもしろいしとても勉強になりました。

新しいおもしろいサービスはこういうところに探しに行くのがいいですね。

プロモーション動画を撮影しています。

約2年かけて準備してきたO2Oアプリもいよいよローンチが近づいてきました。今日はプロモーションのための動画を撮影しています。午前中は実際のお店の店頭をお借りして撮影、最後にオフィスの風景を当社の中で撮影します。monococo動画_1

 

 

 

 

 

 

 

開発の方01c8fe513f168e1b8bc432239948d24cc33088f48b-001は、最後のツメで今は佳境。。。動作を細かくチェックしている。どうやらチェックリストは「恐怖ファイル」とか「悲しみのリスト」と呼ばれているようで・・・

しばらくは、エンジニアの島には近づきがたい!

 

 

 

 

 

ものココ(monococo)は11月中旬にサービスを提供開始する予定です。

 

ホワイトボード

当社では、特に私は、会議の時にホワイトボードを使って書きまくることが多いです。私の字は知る人ぞ知る悪筆で女子(オバサンです)とは思えないような字を書くので、見てる人にはもしかしたら迷惑なのかもしれません(ゴメンネ)。

私は、口頭だけで話し合う会議はダメと社員にいっています。言葉が空中戦になってしまい、最悪の場合、どうどうめぐりになっって結論が出ません。参加しているメンバーの言いたいこと・考えていることをホワイトボードに書いてゆくことで、頭の中は整理されてゆくし、その場にいるメンバーの認識の微妙なずれもなくしていけます。出てきた言葉を一つ一つ書き留めてゆくこと、それを分類・整理し、幹を見いだし、枝葉は捨てる、このことで仕事は圧倒的に進めやすくなります。

最近の会議では皆がノートパソコンを持ち込み、パワポやエクセルで作った資料を投影しながら打ち合わせを進めるというスタイルをとっている場合も見られるようになってきました。一見スマートに見えますが。単なる報告ならばそれでいいかもしれませんが、「議論」をするには適切でないと思います。

ホワイトボードといえばGoogleがとても有名ですが、先進的なネット企業ではホワイトボードで議論していることが多いように見受けられます。議論が白熱する、そういうシーンは大切にしたいと思います。

そういえば、一昔前にコピー機能付のホワイトボードがありました。あんまりうまく動いているのをみたことがないです。最近ではホワイトボードをスマホでパチリで簡単になりました(*)。*情報セキュリティの面では一工夫必要ですけれど。

送料無料について

ネット通販において「送料無料」というのはとても重要な要素の一つです。アチコチ比較して安いところを探し出しても送料によっては結局高いものについてしまいます。ですからショッピングサーチ.jpにも商品一覧に送料無料が分かるようにこんなマークをつけていますので、お役立ていただければと思います。

送料無料ー1-001

利用者にとって大変ありがたい「送料無料」ですが、「送料無料」を選ぶときに、ちらっと思い出していただければと思うことがあります。交通費と時間をかけて買い物に行き、重いものを持って帰ってこなけりゃいけない、その代わりに自宅まで届けてくれる、だからネット通販はとても便利です。注文したものが早く確実に届くのは、クロネコや佐川のお兄さんやゆうパックのおじさんが自宅まで運んでいるからこそであって、そしてそれは決してタダではない、ということです。

私も「送料無料」だとうれしい。でも、そのたびにこの分を誰かが負担してくださってるんだなと感謝の気持ちをもつようにしています。

内定式&下期キックオフ

昨日、当社の2015年下期のキックオフと内定式を行いました。ところで写真を撮るのをすっかり忘れており、「絵」ありません。。。。

世の中では10月1日に一斉に内定式が行われるみたいなのですが、当社は毎年キックオフのタイミングに合わせています。現時点で、2名のエンジニアが内定しています。二人とも卒業研究などで忙しい中参加してくれました。来春待ってます!

昨年に引き続き母校で講演してきました。

先々週末、昨年に引き続き母校で講演してきました。テーマは昨年と同じく「働くということ」。昨年は女子学生向けでしたが今年は男女を問わず、これから社会に出る学生に向けてということでしたので少し内容を修正しました。

とはいえ、言いたいことは同じ、企業が期待するスキルや能力は理系の大学ならば特に大学の勉強をしっかりやることで身に付くもの。だからこそ、大学にいる間にしっかり勉強してね、とお話ししました。

大学説明会から_20150926私自身、学生時代はそれなりに勉強したつもりでしたが、社会に出てからは「もっと勉強しときゃよかったな」と思ったことが何度もありました。理系の大学でのでの研究テーマ自体は、ものすごく専門的なものが多いと思います。特に工学部ではなく理学部での研究テーマなんて、いったい世の中の何にに役に立つんだろうと思ってる人がいるかもしれません。でも、もしそう思っていたら大違いです。そんなことはありません。有機ラジカルがどうとかこうとかという話はビジネスには役に立たたないかもしれませんが、この実験をどう組み立てかとかどう位置づけるかとかそういうことが重要ということです。

もう一つ、大学での勉強でなくてもいいんですが、英語は今や必須です。逃げられません。逆に「英語が得意なので、英語を活かしたい」というのはちょっと違います。英語は手段にすぎません。英語だけできてもダメってことです。ビジネスの基本的なスキルがあってこそ、語学力が活きるものです。英語が苦手な私が偉そうなこと言えないんですけれど。

新人配属

10月1日、下期が始まりました。他社では内定式が行われているのでしょうが、当社の内定式は週明けの10月5日月曜日に下期のキックオフと併せて行います。

4月1日に入社した新人2名は半年間各部で研修してきましたが、本日から本配属。しっかりメンバーの一員としてやってもらいます。

今年は、昨年とは異なり各部を1か月ごと巡回して基礎研修を行ってきました。新人たちの研修の様子はココをご覧ください。

半年間全体の業務を知ったうえで、本人の適正と希望を含めて配属を決めました。二名の新人が配属された部署はサービスを動かしている現場です。ともすれば内向きになりがちなんですが、新鮮な目、新しい風を思いっきり吹き込んでほしいと思います。多少あばれてもいいと思います。