「返品」が簡単にできることってネット通販にとって大切だと思う。

先日、有名ファッションブランドのネットショップで靴を買いました。靴を通販で買うなんて、という時代もありましたが、私自身日常的に靴をネット通販で買っているので、そこは特に気にせず購入しました。サイズが合わなきゃ返品・交換すりゃいいからと。残念なことに、到着後履いてみたら「あらサイズ合わない・・・仕方ない返品しよう」となったわけです。

ただ、そこからが大変、どこに返品したらいいのか個人のマイページにログインして該当の注文を開かなければ返送先がわからない、公開のサイト上の誰でも簡単に見ることができるところに返品の詳細情報が一切書かれていないのです。私のミスなのかもしれないですが、試し履きして返品と決めた直後にスマホから返品の手続きは済ませました。そして返送のために送り状を作成しようとマイページにログインすると・・・あら、注文履歴から情報がそっくりない!。消えちゃった。該当商品の送り先を確かめようがなく、サイトの中を探しましたが見つからず、結局サポートセンターに問い合わせてようやく判明。サポセンから届いた送り先も実はやや不正確だったため、ヤマトの送り状作成サービスで作ることができず・・・、そこから先は自分で調べてコンビニから手書きの送付状で送ることでようやく返品にたどり着けました。ユーザーにここまで手をかけさせるのはどうなんでしょうね。ネット通販で事故にはあったことはなく、めったに返品しない私ですが、残念な例に当たってしまったようです。

ネット通販では、「思っていたものと違う」「サイズが合わない」というのは普通に起こることなので、簡単に返品・交換できることがネット通販の成功の肝の一つともいえます。私がヘビーに使っているネット通販のお店だと、納品書と一緒に返品伝票が入っており、そこに返品先も記載されていて簡単に返品できるのが一般的です。このお店はタグや箱が少しでも傷ついていたら返品を受け付けないとも書いてあり、「返品されたくない」というのが見て取れます。もちろん大切な商品ですから傷つけずそのままきれいにお返しするのが当たり前です。ですが、海外の通販のように、着用後でも返品okと言ってるのからするとずいぶん面倒なことをいうなという印象をもってしまいます。zapposやロコンドが伸びたのもいつでも簡単に返品できるからだと思います。

このお店ではこれまでも何度か買い物をしたことがありますが、今後ここで買い物をするときには慎重になってしまうと思います。ネット通販では、注文のプロセスと同じぐらい返品・交換のプロセスは大切です。

monococo webサービス始めました!

昨年11月からファッションアイテムのお店を探すスマホアプリmonococoを提供していましたがが、本日よりWebでも同様のサービスが使えるようになりました。Webではダウンロードや登録をすることなく簡単にサクサク使えます。アプリのほうは、登録したデータに基づき情報を表示しますので、よくお使いの場合にはぜひアプリをダウンロードしていただければと思います。

Webでは特に「お店を探す」ことにフォーカスしました。monococo Webにアクセスすると「このサイトに位置情報の共有を許可しますか?」と出ますが、どうぞ安心して許可してください。気になっている商品、欲しい商品が、今いる場所の近くのお店にあるか?というのはお買い物していてよくあることだと思います。そんなときにぜひお使いください。monococoでは位置によるサービスをはじめいろんな機能を今後も追加してゆきますので楽しみにしてください。

press20161005_01

 

 

 

年末商戦・ホリデーシーズン

当社のセミナールーム前にクリスマスツリーが飾られました。世の中では11月に入るとはやクリスマスモードに入りますが、当社では毎年、待降節にほぼあわせてツリーを飾ります(特にクリスチャンというわけではありません(#^.^#))。

01bca641249475892491e8ce28140d34876735ece4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカではホリデーシーズン突入ということで、今日(今晩から?)サイバーマンデーとかいってセール時期に突入するとか。PCの前でスタンバイして、エイッと買い物するとか。数日もすると今年のサイバーマンデーはどうだったとか、ブラックフライデーはどうだったとかの記事が出てくると思いますのでその時にまたあらためて。

日本でも年末商戦突入ですが、なんとなく雰囲気が違います。一斉ではなく、ZOZOTOWNは11月中旬からセールをやってますし、楽天のスーパーセールは12月5日から、そして街のお店はというと年明けから、ですね。とはいえ、いよいよトップシーズンです。私自身は、人ごみが苦手なのでセールはあまり好きでないのですが、それでもワクワクするシーズンです。皆様もよいお買い物ができますように。

ぜひショッピングサーチ.jpmonococoで探してみてください。

monococoの企画

昨日リリースしたモノココですが、実は、これは私が相当長い間、ずーーーっと温めていたものです。どれぐらい前からかというと・・・こんな記事があります。

EC発展に邁進、次は実店舗との融合

 「今はまだ夢の段階だが、実店舗の在庫情報を持つPOSシステムとECとが、企業や組織の枠組みを超え、全国規模で連携するようになれば、利用者はサイ バーのEC経由で得た在庫情報を頼りにお目当ての商品を求めてリアル店舗に足を運びやすくなる」と、近未来のEC像を思い描く。田舎の味がする醤油ひと瓶 の“お取り寄せ”でトラックを走らせるのはエコじゃない。指名買いに来てくれれば店舗も儲かる。

2004年5月の記事なので今から10年以上前のことです。この頃はまだ「夢のまた夢」でした。現在になっても、日本国内ではPOSとの連携はハードルが高くリアルタイムの在庫把握はまだまだ実現が難しい状況は変わりません。聞いた話ですが、アメリカではPOSのデータがAPIで公開されているとか。実際のところ、GoogleのLocal Inventory Adsなどローカルの在庫情報が必要なサービスは日本よりずっと普及しています。

POSのデータに頼らなくてもWebサイトから提供される情報量の質・量ともに増えています。ECサイトやブランドサイトに商品カタログとその店頭での取扱いや在庫状況を公開しているお店が増えてきました。ネット上の情報と実店舗の情報は必ずしも一致しているわけではありませんが、かなりカバーされるようになってきています。当社ではこの情報を収集してわかりやすく見ていただけるようにしました。

もう一つ、ヒントになったのは、私の娘の行動です。娘はファッション大好きでいつもzozotownはじめいろんなファッションブランドのサイトを見ています。よく買い物に引っ張り出されるのですが(私は財布です)、非常にピンポイントで動き回ります。私の若い頃は、事前に商品を知るすべはほとんどなかったので、お気に入りお店やお店の中をくまなく見て回って一巡してから、気に入った商品に向かいます。娘はというと、「あ、これこれ・・・思ってたのと違う」「こっちは、ヤッパかわいいわぁ・・・」すでにある程度あたりをつけているのです。なるほど!、「すでにO2Oでありオムニチャネルを実現している!、オムニチャネルだのO2Oだのビーコンだのユーザーエクスペリエンスなどカタカナ用語に取り巻かれている事業者とは違って消費者のほうがシンプルに一歩先に行っているということだと思います。

そんなこんな・・・ほぼ2年かけて企画してきました。アプリの企画にそんなに時間をかける?・・・ということかもしれませんが、「急がばまわれ」です。その時のバズワードに惑わされず、本当に役に立つサービスを創り上げてゆきたいとおもっています。

 

本日、「monococo(モノココ)」のサービスを開始しました。

monococo_logo

本日、当社の初めてのスマートフォンアプリである「monococo( モノココ)」のサービスを開始しました。monococoは買い物をする前に商品を見たり、お店の在庫状況を調べたりすることができるアプリです。ネットでのお買い物に便利なショッピングサーチ.jpを提供してきましたが、ネットでもお店でもどこでも好きなように買い物できる時代になってきたので,そんな消費者をお手伝いするアプリです。

ぜひダウンロードして使ってみてください。

Download_on_the_App_Store_JP_135x40 googel-play-badge

monococo_pr

 

 

  • いろんなお店の新着商品やコーディネートがまとめて見ることができる
  • 気になった商品やコーディネートはお気に入りにまとめて保存
  • お店に商品があるかないかの在庫状況もまとめて見ることができる

 

日本のECはガラパゴス

仕事柄、国内外のECサイトを良く見ています。見ているだけでなく毎日のようにお買い物をしています。ユーザーの立場から見て、日本のECは日本にしかない特異なつくりのサイトが多くガラパゴスだなぁと思うことがよくあります。

■よく言われていることですが、最たるものが「長い長いページ」

サンプルに選んだのは大手ショッピングモールに出店している店舗、PC版のお店のキャプチャを取り始めましたが、お店のトップページで10スクロール以上、商品詳細ページに至っては30スクロール以上・・・なかなか到達できません。スマホサイトを見てもトップページは同じく10スクロール以上、商品詳細ページは少し良くなって20スクロールでした。同じ写真が何度も出てくるし、お目当ての商品以外のバナーがアチコチでクルクル動いているし、お目当ての商品以外への同じリンクが何度も出てくるし・・・欲しいと思っても買い物かごのボタンや価格は一か所にしかないので見過ごしてしまいます。

このお店は複数のショッピングモールに出店しているのですが、どこのサイトも同じように「長い長いページ」構成です。このお店だけが特別なのでなく日本には「長い長いページ」を作るECサイトがとても多いです。

何を期待してこういうインターフェースになったのかはわかりませんが、ユーザー目線でいうと何とも使いにくいし、その結果ECサイトの方でも機会損失していると思います。特にスマホ時代には、限られた画面の中で効率的に情報を見せてい行く努力が最重要だと思います。

日本のサイトは皆こんなかというと、ファッション系のショッピングモールや独自ドメインサイトの商品詳細 ページは3~4スクロールにすっきりとまとめられています。いずれもお目当ての商品に関する情報だけがまとめられているのでとても見やすく買い物がしやすくなっています。

海外のECサイトの商品詳細ページはこんな感じ。

ZAROLA-DT-003NP-DT-001

 

左側はインドネシアやフィリピン、マレーシアなどで展開している大手ECサイトのZALORA、左はラグジュアリーブランドの通販サイト、NET-A-PORTER,いずれも赤で囲った部分がファーストビュー(1スクロール)、商品詳細ページ全体でも関連情報含めて2スクロールの構成になっています。これで情報が足りないかというとそうではなく十分に商品が表現されています。すっきりしていて見やすいしデザインもいい。

多くのお店が稼働中のモールシステムなので制限が多いのかもしれませんが、もう少し何とかならないものでしょうか?ユーザーの利便性からみてもデザインからみても世界で最も美しくないユーザーインターフェースだと私は思います。少ないスクロールで見やすいすっきりしたページ構成を 切望しております。

■2つ目は赤、強調表示、動く画像を多用していること

国内の独自ドメインサイトや海外サイトは背景が白が多く強調表示はごく一部にしか使われていません。商品以外の部分に色を多用しないことで商品をしっかり見せるという意図なんだと思います。赤は小売業者にとっては特別な色です。ラグジュアリーブランドであってもセールの時には赤を使います。ユーザーにとってセールというのは特別なもの。特別だからこそワクワクしてテンションが上がるのです。しょっちゅう安売りするんだったら、最初からその価格で売れと思います。いつもいつも赤などで強調表示されていると買い物の意欲はなえてしまいます。

■最後にレビューや利用者の声

日本の場合は、ECの黎明期は小さなお店が日本のECを盛り上げてきました。知名度のないお店なので、お客様の信頼を得るためにいろんな情報をサイトに載せてました。しかしながら、残念なことに昨今は「やらせ」とか「ステマ」とかが増えてきたので「利用者の声」をそのまま信じることはできなくなってきました。必ずしも有効ではなくなってきたということです。海外のECサイトではレビューはあまり見かけません。比較サイトやレビューサイトがその機能を担っているからかもしれません。

東南アジアのECサイトは数年前までは、まだまだこれからという感じでしたが、上記のように今ではかなりかっこいいサイトがたくさんあります。あっという間に追い越されたような感じさえします。今のような状態でゆくと日本のECはやっぱりガラパゴスになってしまいます。