「消費者を動かす」、動かされてなるものか

ネット広告に関わりながら、広告分野の方とお話ししていると違和感を抱くことがたまにあるのですが、その中に「消費者を動かす」という言葉があります。広告業界でよく使われる言葉のようですが、私は好きにはなれません。私自身、消費者として動かされてなるものかと思います。とてもプロダクトアウト的な言葉に聞こえてしまうのです。消費者を動かすのではなく、消費者は自らの意思で動くのです。広告のコピーで動くわけではありません。

広告は消費者を無理やり動かすのではなく、消費者が興味を持ち、手に入れたいと思っている商品やサービスにスムーズにご案内するものだと思っています。そうでないと広告ってただ邪魔なものになってしまいかねませんもの。私って頑固なのかなぁ。

 

安さの裏側

日本はデフレということで長い間いろんなものの価格がずっと安いままです。安く買えるというのは消費者にとってはとても良いことです。より安く買おうとするのは当たり前ですし、値引き交渉が買い物の醍醐味だったりします。

一方で、売り手は安く売るためにいろんな工夫をします。商品や材料をできるだけ安く仕入れ、無駄を省き効率的に作業して余分な経費が掛からないようにします。コストダウンがイノベーションを生むこともあります。安く売るための努力はとても大切です。

ですが、行き過ぎるといろんな不都合も起こってしまいます。偽装などズルをする人もでてきます(日本人はこういうズルは大嫌いです)。そして、それでもまだ安くするために、労働賃金の安い海外で作る、合理化と称して手を抜く、そして労働条件を下げるなど・・・、書いてて暗い気持になります。ものやサービスを安く手に入れられるとラッキーだと思いますが、こんなはずじゃなかったってことになってしまっています。

そもそも価格というものはが安ければなんでもいいんでしょうか?「安いから買う」というより「欲しいと思っているものが適切な価格だから買う」というのが正しい。欲しい、自分のものにしたい理由はいろいろあると思いますが、そもそも物を手に入れるという必要性があって買うわけです。欲しいと思う気持ちと価格のバランスが大事。ものの価格は本来ならば需要と供給のバランスで決まります。安いからという理由だけで売買されることはありません。

いわゆるブラック企業の中には安さを売りにしている会社が多くリストアップされています。安さを追求するとどうしても人件費も下げざるを得ない。安さは、そこに働いている人たちの生活を犠牲にして成り立っているものかもしれません。働き方を見直すうえで、この視点もはずせないと思います。

「価格」は最終兵器です。価格だけで勝負することなく本来の商品やサービスの付加価値を提供することで適切な対価をいただくというのが本来の市場の在り方だと思います。

「送料無料」を考えよう

ここ数日、宅配事業者さんがとても大変なことになっているという報道が目につきます。これは、少し前から言われ始めていたのですが、ネット通販の伸びによって宅配便の物量の増加が甚だしく、現場のドライバーの人手不足のためにサービスの維持が難しくなっているということのようです。

「宅配」は消費者に商品を届けるためにとても重要なインフラです。ネット通販は社会にとっても欠くことができないサービスになっており、まだまだ伸びると予測されています。その要の部分がへたるということはネット通販の未来にもかかわることです。

我が家には毎日のように宅配便が届くので、このような報道を見ると「ゴメンナサイ」と思ってしまいます。数年前、深夜に東名高速を車で移動していたときに、クロネコヤマトの大型のトラックが何台も行きかうのに遭遇し、この人たちがネット通販を支えているんだなとジワジワと感動したのを思い出しました。

宅配事業の業界では様々な工夫や改善に取り組んでいると思いますが、劇的によくなるイノベーションが出てくるまでは、消費者の側でも少し考えてみることが必要なのはないでしょうか?

1.送料無料のこと

ネット通販では、「送料無料」というコピーが最強のコピーの一つです。消費者はとにかく少しでも安くというのを求めがちです。商品代金で差別化できないのなら送料で差別化なのかもしれませんが、宅配便のトラックの燃料やドライバーの人件費はどこかで誰かが負担しないといけない。「タダ(無料)」ではないということです。誰かがこの負担をしないとならない。もちろん無駄なく効率的に安価にサービスを提供するのは企業の使命でもありますが、一定を越えると持続不可能になってしまいます。

私は普段「送料無料」の言葉は気にしないようにしています。「あと○○円で送料無料」となっても必要なものだけを買います。また、どれぐらい寄与できるかは分かりませんが、できるだけ近い事業者から買うようにもしています。トラック何台も乗り継いでくるよりもすぐ近くから配送されるほうがいいんじゃないかと思いますが、このあたり物流の方にお話しを聞いてみたいです。

2.すぐ届くということ

「明日届く」から「「今日届く」そして「1時間で届く」とどんどん配送されるまでの時間が短くなっています。便利は便利なんですが、そこまで切迫して入手しなければならないものばかりではありません。もう少しゆっくりでもいいと思います。特別に早くほしいときはその分、特急分の料金の上乗せを受け入れる気持ちが必要だと思います。実際、他のサービスでは特急料金の上乗せは当たり前になっています。

3.いつでも何度でも配達してもらえるということ

再配達が大変負担になっているようです。我が家でもしょっちゅう再配達をお願いしており、耳が痛いです。高齢の母は在宅していることが多いのですが、耳が遠いので宅配のドライバーさんが来たことに気が付かないということがよくあります。気が付くと不在票がはいっていたということがよくあります。宅配ボックスを備えることを考えなきゃですね。

なんでも安くて便利なのはいいのですが、過剰なサービスを求めることで、そこで働く人の体や生活を壊しているかもしれないということは、そしてその結果そのサービスが継続できないとしたら、それはサービスを受ける側も少し思いをはせることも必要なのではないでしょうか。

消費者、生活者、顧客、ユーザー

みなさんは「消費者、生活者、顧客、ユーザー」のどの言葉を使っていますか?

今日のアドタイにこんなコラムが掲載されていました。お客様をどうとらえるか、そこにその会社の体質そのものが透けて見えるようで、このような問いかけにはドキリとします。

当社の場合には、消費者の皆さんに事業者の商品やサービスを紹介するということを行っています。ここには2種類のお客様がいらっしゃいます。どちらもお客様なんですが、区別しないと訳がわからなくなります。私は、私共のサービスを利用し、利用料をお支払いいただいている事業者を「顧客」と呼ばせていただいております。一方で私共のサービスを利用されているエンドユーザーは、「ユーザー」、「利用者」、または「消費者」と呼ばせていただいております。中でも「消費者」という言い方が一番よく使っていると思います。当社のサービスはショッピングにかかわるものですので、利用者というよりはお買い物をされる「消費者」というほうがしっくりくるからです。「生活者」という表現は、少し前には盛んに使われた言葉ですが、今は私は使うことはなくなりました。特に自分たちのサービスを使っていただいているお客様のことをいうにはなんだか突き放した言葉に感じますから。

どのサービスも、「顧客」であれ「消費者」であれお客様にとってどんなメリットがあるのか?お客様がどう感じるのか?というのは常に意識して続けることだと思っています。

イーコマースEXPO2017東京

本日と明日の二日間、東京ビッグサイト 西3・4ホールで開催されているいコマースEXPO2017東京に出展しています。おかげさまでセミナーは満席で、お立見いただいております。当社のブースにもぜひお立ち寄りください。

DFO, Googleショッピング広告の「商品評価」用データフィード作成を開始

本日、データフィード最適化サービス「DFO」に、Googleショッピング広告に表示する「商品評価」用のデータフィードを作成するサービスを新たに追加しました。

消費者がものを買うと決めるときに商品の評価や星の数というのは重要な指標の一つです。なんだかんだいってやっぱりこの星の数は見ますよね。Googleショッピング広告にも星の数とレビュー数による商品評価を表示する機能があります。Googleショッピング広告で「商品評価」を表示するためには、Googleが定める仕様のデータを新たに用意する必要があります。具体的には、(1)自社システムから商品評価のデータを出力する、(2)規定の仕様に従って商品評価のデータを作成する、(3)「Google Merchant Center」と連携する、(4)最新の状態を維持する、など・・・結構ムズカシイ・・・

dfo0201そこで、当社の出番です。サイト上の商品レビューを当社のサイトクローリングシステムが自動で抽出したうえで、商品評価登録用のデータフィードを毎日、自動作成するサービスを開始しました。手間いらずで簡単に導入することができますよ。ぜひご検討くださいませ。

詳細はコチラ

monococo,首都圏、関西圏に加えて東海地方にも対応しました!

ファッション商品のお店を探せるmonococo、一昨年の11月に首都圏、そして昨年の1月に関西圏向けにサービスを提供していましたが、首都圏以外からのご利用が多かったので、特に東海地方が多かったので、本日サービス開始しました。東海エリアの400店の最新の商品やコーディネートのや店頭の在庫状況を参照することができます。

monococo_tokai名古屋や静岡の方、ぜひ使ってみてください。monococoはお店をもっともっと探しやすくしてゆきます!

年末のご挨拶

今年もあと残りわずかとなり、年内は本日で営業を終了させていただきます。お客様、利用いただいた皆様、お取引先の皆さま、株主の皆さま、そして社員の皆さん、今年も大変お世話になりました。引き続き来年もどうぞよろしくお願いいたします。

毎年、厳しいことがおおく一筋縄ではいかないですが、おかげさまで今年もよいお正月を迎えられそうです。今年はコマースリンクのサービスを支える全サーバーをクラウドに移行するという大プロジェクトが動いており、そのために開発を伴う新規サービスの投入を抑えてきました。やりたいことはたくさんあるのですが、次へのステップへの大事なインフラの整備をこのタイミングでしっかりやっておこうということです。

新規サービスを抑えてきたと書きましたが、それでも、DFOでは、Facebookのダイナミックプロダクト広告やSalesForceのPredictive Intelligenceなど新しいサービスに積極的に対応しています。ショッピングサーチ.jpでは、ユーザーが商品を選定するときの参考2016_decにできるように約250個のランキングコンテンツを導入しました。ランキングはこれからも拡充してまいります。monococoでは、アプリだけではなくWebからもサービスを使っていただけるようにWebサイトをオープンしました。

2017年は、当社は大きな節目の年になると思います。お客様や利用者様に使ってよかったと思っていただけるサービスを目指して邁進してまいりますので、どうぞ引き立てのほどよろしくお願いいたします。

月80時間の残業って多すぎやしませんか?

今年もあと1営業日を残すばかりとなりました。

今年の後半、ネット業界にとってネガティブな大きな2つのニュースがありました。一つは電通の社員の過労自殺の件、もう一つはキュレーションメディアの件。いずれも当社から見れば遠い話ですが、それでも業界の人間として私共も襟を正さなければならないことだと思います。

電通の件を受けて今日、厚生労働省は「違法残業、社名公表を拡大」緊急対策を発表しました。そこでは月80時間を超える残業を違法な残業ととらえています。いや、80時間ってすごく多いですから。。。コマースリンクは、月当たりの全社平均残業時間は30時間弱です。中には月の労働時間が50時間程度まで達する場合もないわけではありません。ですから、労働時間が少ないとまでは言えませんが、おそらく業界の中では少ないほうだと思います。

長時間労働の話題になると、「長時間労働の会社にもいい会社はある」とか「仕事を好きでやってるのに何が問題なの?」とか「いっぱい仕事があるので仕方がない、自分がやらないと他の人に迷惑をかける」とか、いろいろ反論をおっしゃる方がたくさんいます。でも、そうなんでしょうか?

少なくとも経営者は、「長時間労働仕方ないよね」とは絶対に言っちゃいけない。長時間労働しないと仕事がはけない、成果が出せないというのはひとえにマネジメントができていないということです。経営者としてはとても恥ずかしいことだと思います。会社としてはできるだけ短い時間で成果を上げてもらうことが最も望ましい。そのためにはいろんな知恵を使わなければならないし、無駄は省く努力をし続けないといけません。

私自身、社会人になった時からずっと労働時間が長いことを良しと考えたことは一度もありません。会社に長時間しばりつけて何もいいことはありません。男性にも家庭や地域や学校にもっとかかわってほしいと思います。たとえば、学校のクラブ活動の指導は、教員ではなくお父さんたちがやればいいと思っています。会社だけでへとへとに疲れるのはナンセンスです。家に早く帰って体を休めたり、友人や家族と楽しい時間を過ごしたり、自分のための勉強やお稽古事にあててたり、そういう中で翌日以降の仕事への活力も出てくるものだと思います。世の中をゆたかにするためにも「会社」だけに人をしばりつけてはいけないと思います。

とはいえ、徹夜や休日返上で働かなければならないときもごくたま~にあります。そんなときのために気力も体力もキープしておいてほしいと思うのです。当社では生活を便利にするサービスを提供しています。社員自身が生活を楽しめていないと良いサービスは提供できませんから。

「過労死」なんて言葉がこの世からなくなる日が早く来ることを強く望みます。